デンマークは一度は訪れてみたい娯楽の都市

デンマークは一度は訪れてみたい娯楽の都市

デンマークとは、通称であり正式には、グリーンランドとフェロー諸島と共にデンマーク王国と呼ばれている国です。

北ヨーロッパのバルト海、北海に挟まれたユトランド半島他、その他無数の島々からなる国土を有しています。

北欧諸国の一国であり、北には海を隔ててスカンジナビア諸国があり、南には陸続きでドイツと国境を接しています。

首都は、シェラン島にあるコペンハーゲンです。

この首都は、北ヨーロッパを代表する世界都市であり、市名はデンマーク語の商人たちの港に由来しています。

それほどに交易が盛んな都市であり商工業も多様化している拠点だと言われています。

この国の観光地とは、以下のような有名なスポットがあります。

ストロイエは北欧一の繁華街であり活発なエリアです。

歴史を知りたい時には、アマリエンボー宮殿、シャルロッテンボー宮殿、クリスチャンスボー城いわゆる国会議事堂、ローゼンボー城も有名な場所です。

また、ニューハウンはコペンハーゲンの港町で独特の趣があります。

さらに、ロイヤルコペンハーゲン工場はあまりにも世界的に有名ですし、カールスバーグもビール工場として注目を浴びつづけています。

さらに、チボリ公園は、テーマパークとしてその人気を高めていますし、アンデルセンの「人魚姫の像」も一度は見ておきたいスポットとされています。

コペンハーゲンでは、昼夜を問わずパーティが行われている眠らない都市とされているので、無料で娯楽を求めるならストロイエ、コンゲンス・ニュー広場からホイブロ広場までを散歩することで色々なパーティー、イベントをすぐに満喫できるのが魅力です。

特に、午後から夕方にかけての時間帯では、音楽家やマジシャン、ジャグラーなどの大道芸人たちが行う素晴らしいパフォーマンスを閲覧できるので、旅行客にも好評となっています。

道路整備も、自転車レーンの構築などの環境政策などが評価されており、2014年の欧州環境首都に選出されたほどであるので、街歩きがしやすい年でもあります。

デンマークでは、男女同権、性差における対等性が高くなっています。

そのため、女性はコペンハーゲンでほとんど差別に遭遇しないだろうと言われ、セクシャルハラスメントも他の西洋諸国の首都に比べれば特に稀だと言われています。

このような環境が整備されている国であり、観光客にも好評の国として定着しているので、一度は訪れてみたいヨーロッパの国として上げられることも多くなっています。